過去の展覧会

2012年12月25日(火)~2013年1月8(火)

冬期休廊のお知らせ

2012年12月18日(火)~12月24日(月)

栗真由美展

http://www1.ocn.ne.jp/~kuri2323/kurimayumi/top.html

2012年12月11日(火)~12月16日(日)

緒形昭弘写真展

2012年12月4日(火)~12月9日(日)

原 幸次 作陶展

2012年11月27日(火)~12月2日(日)

はっとりこうへい展

http://hattlis.nomaki.jp/index.html

2012年11月19日(月)~11月25日(日)

西上敦子展

2012年11月11日(日)~11月17日(土)

椎葉聡子展

2012年11月5日(月)~11月10日(土)

築地淳子展

手びねりの箱の跡はふっくら、削りはシャープに。 そのバランスの妙を楽しみながら器を作りました。 ミニストールはフエルト化した羊毛、Silkとオーガンジーの 透けの組合せ。不思議な模様になりました。

2012年10月29日(月)~11月3日(土)

結城幸司展

人が人に向けて想う世界 から よそ見をしたくなったら 立ち寄ってください

2012年10月21日(日)~10月27日(土)

今村有一展

http://www.livecast.co.jp/imamura

2012年10月15日(月)~10月20日(土)

布・糸・木 手仕事展2012

植物染手編物     黒木 博子               黒木 愛子 植物染手織布     新井 明子 刺し子          金沢 京子

2012年10月8日(月)~10月13日(土)

赤間洋子染色展

2012年9月30日(日)~10月6日(土)

ct. -カラット―

1つの素材から違った視点で生み出される 様々な表情のジュエリーをお楽しみください。

2012年9月23日(日)~9月28日(金)

Ainu Art Project展

この風の中で立っていようと思う わずかな時間でも、らしくあろうと思う アイヌという言葉が 人 という いにしえから途切れない風ならばいつか僕たちを包み込む アイヌアートプロジェクト発足12年 僕らはいつでも自分たちらしくここにいます 今を生きるを見に来てください

2012 9月17日月~9月22日土

山野敬子 心象画展

2012年9月11日(火)~9月16日(日)

第1回 ゆとり絵画クラブ展

ささやかな作品展ですが、ご高覧いただければ幸いです。

2012年9月3日(月)~9月9日(日)

鄭 継深ガラス作品展

日々の暮らしを豊かにし、使うことで元気になったり、空間の中に存在するだけで空気が華やぐような作品作りを心がけています。 特にガラスならではの鮮やかな色彩を生かしたテーブルウェアを提案できないかと制作を続けています。 昨年度に引き続き、ご高覧いただけたら幸いです。

2011年7月30日(月)~9月2日(日)

休廊期間

7月30日(月)~9月2日(日)までの期間、 誠に勝手ではございますが、夏季休廊期間とさせていただきます。

2012年7月23日(月)~7月29日(日)

伊藤あきえ展

2012年7月19日(木)~7月21日(土)

遠藤 武 展

2012年7月11日(水)~7月17日(火)

カナイサワコ展

2012年7月3日(火)~7月9日(月)

高松 和弘 作品展

この作品は今年の新作シルバーアロワナです。 もう一つの新作テッポウウオは、少々、遊び心を加えて作りました。 御来場、お待ちしております。

2012年6月25日(月)~7月1日(日)

―まなざし―

2012年6月18日(月)~6月23日(土)

春の草木染展

北海道の自然素材で毎日草木の色を布に写し替える仕事をして 早いもので30年になりました。 今回東京で作品展をできる機会を得て気合を入れて染め上げました。 東京で作品展を開くのが夢でした。 一人でも多くの方に見ていただきアドバスをいただければ また明日もがんばれると思うので。

6月7日(木)~6月16日(土)

北の木彫り・兄弟展 貝澤徹・幸司

5月29日(火)~6月5日(火)

桝本純子展

5月21日(月)~5月27日(日)

緒形真喜子展

5月15日(火)~5月20日(日)

清水桂子展

2012年5月8日(火)~5月13日(日)

井原理安のスケッチ展

4月23日(月)~4月28日(土)

山本真郎展

4月14日(土)~4月21日(土)

花とひととき

4月6日(金)~4月12日(木)

渡辺里紗展

3月30日(金)~4月4日(水)

松本淳子展

3月19日(月)~3月28日(水)

貝澤民芸展

2011年3月9日(金)~3月17日(土)

cogitatio

作品を一気に作り上げられればいいのだが、作りながらも考える。 テーマに外れていないか、作業工程はこれくらいでいいか、形はおかしくないか・・・ その思案はときに楽しくときに辛く、作品が完成しても終わらない作業なのです。                                  ―末吉美恵子―

2012年3月1日(木)~3月7日(水)

日本のガラスと日本の花

日本人の繊細さで熱いガラスの生地と格闘する丸岡勇太。 “花を活かす”を捜し続ける岸田豊光。 全く違う二人の個性をエド・ギルドがプロデュースしたガラスと生け花の展覧会です。

2012年2月13日(月)~2月25日(土)

山本有代展

2011年2月2日(木)~2月12日(日)

アイヌ現代美術展

今、アイヌの人達は、伝統の咀嚼を通して未来への文化の一翼を担う、 美術・工芸の美を創造しようとしています。 皆様には、美を求める心を同じくすることにより、 ここに芸術としての価値を見いだしていただけたらとおもいます。 出品作家【50音順】貝澤幸司/貝澤雪子/貝澤竹子/貝澤珠美/貝澤徹/           貝澤守/小山洋子/結城幸司

2012年1月25日(水)~1月31日(火)

鈴木勇人展

「重機に心奪われて、早20年。少年の頃の気持ちを、そのまま心に抱き、 今も重機の絵を描いていす。最近の作品達は、機会の美しさはもちろん、 僕の“心の奥にあるもの”が感じられるのではないかと思います。 もう一つ、大切に思うこと… 単なる表現空間でなく、 僕が生み出した非日常的な世界で語らい、 人との絆を深められたらと日々感じています。 観に来て頂けるありがたさ、さらに当たり前の日常を過ごせることへの ありがたさに感謝しつつ、精一杯生きたい。                             ―鈴木 勇人―

2012年1月18日(水)~1月24日(火)

山崎義郎とアイヌの仲間たち

樺太アイヌのアニミズムの世界へ― 樺太アイヌは地域に根ざした生活をし、 周辺民族との交流、貿易等をしながら 独自の文化を育んできました。 そんな樺太アイヌの世界を山崎義郎は表現してみました。

2012年1月11日(水)~1月16日(月)

松本 隆 展